38歳からの妊活で私が出産できた理由とは!?

38歳からの妊活で私が出産できた理由とは!?

妊婦さんにとって、重要な栄養素である葉酸ですが実は赤ちゃんを授かりたいと考えている女性にとっても大切な栄養素と言われています。
一体、なぜ、妊活中に葉酸を摂ると良いのでしょうか?
そこで今回は、妊活中に葉酸を摂るメリットについて、ご紹介したいと思います。

 

妊活中の葉酸の効果とは?

 

葉酸には、卵子の質を高めて、着床率をアップし、妊娠しやすい体に整えてくれますので、妊活中の方にも重要な栄養素となります。
また葉酸には、赤ちゃんの皮膚、爪、神経、血管などの重要な器官の形成に大きく関わっていますので、葉酸不足は、胎児の先天性障害のリスクを高めることになります。
特に妊娠初期に葉酸が不足すると胎児の先天性障害の発症リスクは大きくなりますので、妊娠初期は特に葉酸サプリが必須となりますが妊娠初期を過ぎてから妊娠に気づく人も多いのですので、妊活中から摂る事が大切です。
妊娠を予定している2ヵ月、3ヶ月前から摂ると妊娠初期に発症するリスクが高いと言われるダウン症、神経障害をしっかりと防止することが出来るでしょう。

 

そして、ライフスタイルや食生活の改善も同時に行っていくことが大切です。
コンビニや冷凍食品、インスタント食品ばかりの食事は、精子や卵子の質を悪くすると言われるトランス脂肪酸が多く含まれていますので、なるべく自炊をして、栄養バランスに富んだ食事を行いましょう。

 

ハードな運動は厳禁ですが軽い運動は、妊活中のイライラ、不安などのストレスを取り除いてくれますので、是非、行いましょう。

 

また妊活中、妊娠初期の葉酸の摂取は重要ですが他の栄養素の摂取も同時に行っていく事が大切です。
特に卵子の質を高めてくれる亜鉛や細胞分裂を促進してくれるビタミンEの摂取は大切です。亜鉛には、精子の運動率、数をアップしてくれる働きもありますので、男性にも是非、摂取していただきたい栄養素です。

 

そして、葉酸にも精子の機能を高めてくれる働きがあります。
奇形の精子を作りにくくしてくれますので、受精卵が着床しやすくなることで、妊娠力がアップしますので、流産のリスクが減少したり、また赤ちゃんの先天性異常のリスクを低減されますので、妊活中、妊娠中は、是非、旦那さんにも積極的に葉酸を摂取して貰いましょう。

 

 

このように妊活中にも葉酸は欠かせない栄養素となりますので、ご夫婦一緒に葉酸を摂って、それぞれの体質改善に役立てて、妊娠率をアップさせていきましょう。

 

更新履歴